リクルート

Recruit
Interview

先輩インタビュー

現場のやり方を重視していただける
自由な社風が気に入っています

明雪ロジスティクス株式会社
尼崎共同配送センター(当時)

所長高 志新さん
Q1

入社したきっかけは?

学生時代にずっと倉庫関連のアルバイトをしていて、同じ仕分けでも日々、物量や商品の種類などが変わり、仕事におもしろみを感じていたので大学卒業後、明雪に入社。今年で11年目になります。

Q2

普段の主な業務内容は?

入社後、最初の8年間は、ドライバーのサポートなどをする部署で働き、その後、現在の配送センターに移り、所長として倉庫の運営管理を任されています。取扱品は主にコンビニエンスストアの商品で、当日入荷した商品をすべて仕分けて、その日のうちに出荷する、いわゆる在庫を持たない通過型の倉庫として機能。その中で私の仕事は倉庫内で働く人たちがいかに快適に、効率よく作業できるかを調整することにあり、どんなに時間に追われて焦っていても、それが態度に出ると周囲まで慌ただしさを感じてしまうので私自身は業務管理に集中し、常にゆっくりと構えるよう心掛けています。

Q3

仕事にやりがいを感じる瞬間は?

通過型の倉庫はリードタイムがとにかく短いのが特徴で、1日4回ある配送を時間内にどれだけ効率よく仕分けて出せるかがポイントです。同じようにやっていても毎日、様々な変化があるので1日があっという間に終わり、臨機応変に対応策を考えたりするのが、おもしろいですね。また、倉庫内の作業はチームワークが大事なので、適正人員を配置するためのシフト管理はもちろん、学生や主婦の方など、皆さんに気持ちよく働いてもらうためのコミュニケーションは欠かせません。何か軌道修正するにしても、こちらから一方的に指示を出すのではなく、現場の人たちと一緒に考え、より良い方法を見つけ出すようにしています。

Q4

明雪グループはこんな会社

現在、関西ブロックには配送センターが複数あり、雰囲気はそれぞれ異なります。尼崎はドリンク類など重量があって、力のいる商品も多いので、若い人が8割を占め、そのぶん活気があり、社内の雰囲気は明るいですね。私自身も倉庫を任され、新しいことにもいろいろと挑戦させてもらえますし、現場のやり方を重視していただける自由な社風が気に入っています。

Q5

応募者へのメッセージ

明雪は50年の歴史ある会社ですが、まだまだ改善し、進化する可能性をたくさん秘めた会社だと思います。私も含め、勤続年数が長くなるとどうしても現状維持に陥りがちで、気づきにくくなる面も多々あると思いますので、そこに風穴を開け、新しい風を吹き込み、一緒により良い方向へと進んでいける、チャレンジ精神にあふれた方をお待ちしています。

高 志新